フランス関連ニュースを発信する
オンライン・マガジン「francer]

Magazine gratuit sur le web

 

 

 

 






いぐ  「La route occitanne」

トゥールーズやカルカッソンヌ、ふたつの街で起こるわくわくするような出来事やフランスで見られる変な日本、現地のグルメ情報、そして小さな旅のレポートなどをお送りしていこうと思います。





第2回:TGS−トゥールーズ・ゲームショー

今ではたくさんの国ですっかり浸透した日本ブーム。お寿司や焼き鳥、漫画にアニメ、アイドルからロックバンドなどなど、日本国外でこういったものを目にすることも増えてきました。フランスもまた日本好きな人々が多くいる国なのです。パリの日本文化を紹介するヨーロッパ最大のイベント《Japan Expo(ジャパン・エキスポ)》はみなさんご存知だと思いますが、今回は、そんな日本のポップカルチャーを愛するトゥールーズっ子たちのイベント《TGS(テージェーエス)》をご紹介します。筆者はパリのジャパン・エキスポに行ったことはないので、TGSと比較してお伝えすることはできませんが、筆者がTGSで見たものや感じたものをそのままお伝えしていこうと思います。

早朝、イベントが始まる3時間前から会場周辺には大勢のコスプレイヤーがイベントの幕開けを待ちわびていました。

そこではアニメやゲームのキャラクターたちが談笑(もちろんフランス語で)、たばこをプカプカ・・・といった具合でかなり秀逸でした。

では会場の中はというと、お気に入りのキャラクターに身を扮したフランス人たち、なつかしのファンシーグッズやアニメキャラグッズの売店、お好み焼きやたこ焼き、から揚げといった日本食屋台からのにおい、ゲームやカラオケの音、ライブの音楽や声援などなど・・・。

フランスにありながら日本ともいえないような不思議な空間が広がっているのです。


現在、日本では若者のゲームセンター離れが囁かれていますが、ここTGSでは日本から持ち込まれたゲームセンターのゲームたち(格闘ゲームやリズムゲーム、プリクラなど)が大人気。格闘ゲームはトーナメントで試合が組まれ、さながら、プロレス会場のような大賑わいでした。そして、プリクラはなんと一回10ユーロ(日本円にしておよそ千円・・・!日本では一回400円が普通ですね。)で、係の人が機会のそばについて操作の仕方を説明しています。これほど高額でも、プリクラをとるためにフランスの若者たちは長い行列をつくっていました。やはり、彼らにとってプリクラは日本の若者文化を代表するもののひとつと言えるのでしょう。

今回筆者はある日仏交流を目的としたアソシエーションのスタンドの手伝いとしてイベントに参加しました。そこで習字のコーナーを担当していたのですが、たくさんの方から自分の名前を日本語で書いてほしいという依頼がありました。名前の音から素敵な意味を持つ漢字を選び、その横にカタカナを書いて、その漢字の意味を説明してから差し上げました。筆者は達筆ではありませんが、どの方にも喜んでもらえました。トゥールーズでは、半紙がなかなか手に入らないので普通の画用紙に書いて渡しましたが、きれいな和紙に書くと素敵なプレゼントにもなりそうです。

お好み焼き屋さんとたこ焼き屋さんの屋台は今回はじめてトゥールーズに来てくれました。なんと、パリのジャパン・エキスポで出店している方々が、わざわざパリからトゥールーズまで来てくださったのだそうです。

お話を聞いたところによると、日本人の多いパリでもまだお好み焼きのレストランはないそうです。トゥールーズでも、以前、鉄板焼きのレストランに行ったときに店員の方が、お好み焼きはフランスの人々からあまり認知されておらずうまくいかなかったため、メニューにはならなかったとおっしゃっていました。

今回、TGSではたくさんの人々がお好み焼きやたこ焼きを口にして、気に入ってもらえたようでした。特に、甘いお好みソースはフランス人のあいだでも受け入れやすい味だったようです。

これらのB級グルメと呼ばれる日本料理が「Sushi」や「Yakitori」のように、たくさんの国で認知されるようになれば、「Okonomiyaki」のレストランができる日もそう遠くないかもしれませんね。

今回、筆者は本格的なコスプレはしていませんでしたが、何度か写真をお願いされることがありました(日本人だからでしょうか・・・?)。

イベントでは、何人かの日本人の方々にお会いしたほかに、日本語を勉強して上手に日本語を話すフランス人の方々や、日本に関心を持っていて、もっと日本について知りたいと思っている方々とたくさんお話することができました。

異国での生活で、「日本」という共通の関心を持つたくさん人々と出会うことは新鮮な気持ちにさせてくれます。日本から遠く離れた国の一都市で、日本の文化に関心を持ち、こんなにも日本のことを愛してくれる人々がいるということは、勇気を与えてくれます。



日本に関心のある現地の人々だけでなく、日本から離れて暮らす日本人の人々も元気にしてくれるイベントです。このゲームショーは春と冬、年に2回開催されます。みなさんも機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。ぜひ、「海外から見た日本」を体験してみてくださいね。




francerトップfrancerについてコンテンツについて制作・パートナーColumnRecommendContactフランス屋

本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
All Copyright (c) フランス屋 All rights reserved