フランス関連ニュースを発信する
オンライン・マガジン「francer]

Magazine gratuit sur le web

 

 

 

 






いぐ  「La route occitanne」

トゥールーズやカルカッソンヌ、ふたつの街で起こるわくわくするような出来事やフランスで見られる変な日本、現地のグルメ情報、そして小さな旅のレポートなどをお送りしていこうと思います。





第3回:ガレット・デ・ロワを食べよう!

今回はフランスの伝統菓子ガレット・デ・ロワ(galette des rois)を紹介します。日本語に訳すと「王様のお菓子」ですが、王様専用の高級お菓子というわけではありません。実は、この王様というのはイエス・キリストの誕生を祝いにやって来た三人の博士を指しているのです。

フランスでは、三人の博士はロワ・マージュ(rois mages)と呼ばれ、この三人の博士がキリストを見出したとされている1月6日の公現祭のためのお菓子なのです。公現祭が近づくと、フランスのスーパーやパン屋さんやパティスリーではいっせいにこのガレット・デ・ロワがずらりと並びます。

ガレット・デ・ロワにはいろいろな種類がありますが、よく見かけるのが外はパイ生地で中にアーモンドクリームがたっぷり詰まった円盤型のガレットと、オレンジピールを練りこんだブリオッシュにフルーツピールがたくさん乗ったリング型のガレットです。

ガレット・デ・ロワの最大の特徴と言えば、紙でできた王冠がついていることですが、なぜ王冠がガレットと一緒に売られているのでしょう。実は、ガレット・デ・ロワにはちょっとした食べ方のルールがあるのです。

ガレットの中にはフェーヴという陶器でできた小さな人形が隠されています。大人が切り分けたガレットを、家族の中でいちばん小さな子どもが全員に配ります。どのガレットにフェーヴが入ってるのかはお楽しみ。その中でフェーヴを当てた人が王冠を被りその日の王様または女王様となるのです。


 

本来、フェーヴ(fève)はフランス語でそら豆という意味で、ガレットの中にはそら豆が入れられていました。それがやがて、キリストの生誕に因んで陶器でできた小さな聖者の人形を入れるようになったのです。今では、聖者のフェーヴだけでなく子どもが喜ぶようなアニメのキャラクターのフェーヴが入ったガレットもたくさん売られるようになりました。

店頭には一月いっぱいまでガレットが売られるので、その間何度でもガレットを食べることができますし、王様・女王様になれなかった人は何度でも挑戦することができるのです。

以前、我が家ではお客さんを招いた食事の後にガレット・デ・ロワをいただきながらこんな事がありました。みんなでガレットを食べるもなかなかフェーヴが出てこず、待ちきれなくなったひとりのマダムがガレットをぺラっと裏返し、一点だけ白くなった部分を指差してこう言いました。

「フェーヴはここよ!ほら、ここだけきれいに焼けてないでしょ。フェーヴがあるからよ」。

すると彼女の言う通り、出てきたのは聖ミカエルのフェーヴでした。実はこのマダム、これまでに500個のフェーヴを持っていたのだそうですがあまりにも多すぎて全て捨ててしまったのだそうです。ですがさすが、ガレット・デ・ロワを知り尽くしています。今までの経験をもとに見事フェーヴの居場所を見つけ出しました。

筆者も、ママンからいくつかフェーヴをいただきましたが、フランスではだいたいどこの家庭にも大量にとってある捨てにくいモノなのだそうです。そんな毎年いくつものガレット・デ・ロワを平らげてしまうフランスの家庭ではちょっとしたあるあるネタもあるみたいです。

ガレットを切り分けるとき、ちょうどフェーヴの真上に包丁を入れてしまうとガレットの中からフェーヴが半分だけちょこんと姿を現します。お目当てのフェーヴがあっさり見つかってしまったとき、その瞬間の子供たちの萎えようが半端じゃないらしいです。思わず、<c'est nul...>(最悪だ...)とつぶやいてしまうのだとか。

その年のガレット・デ・ロワを楽しめるかどうかは、切り分ける役の大人にかかっていると言っても過言ではないのです。他には、こんな話も聞きました。フランス人男子のA君とB君の会話。

A君「子どものころ、どうしても王様になりたくてフェーヴが出るまでひとりでガレットを全部食べちゃったよ」。

B君「君もそうなの?僕もよくそんなことしてたなあ。たぶん子どもたちはみんなそうしてるんじゃないかな」。

クリスマスパーティ、新年のパーティに続いて公現祭と、この時期はフランスの子どもたちは食べるのに大忙しです。大きさのわりに案外パクパク食べれてしまうガレットですが、食べすぎには注意です。ひとりで全部食べてしまうよりもみんなで分けて食べるのがドキドキして楽しいですよ。

お年寄りから子どもまで、みんなで楽しめる公現祭のガレット・デ・ロワは日本でもを販売している店があるそうですが、フランスで販売しているものと比べるとかなり高いです。ネットでレシピを検索すると結構出てきますので、手作りガレットにお好みのフェーヴを入れたり紙で作った王冠を用意して家族や友達と楽しむのも素敵です。

francerトップfrancerについてコンテンツについて制作・パートナーColumnRecommendContactフランス屋

本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
All Copyright (c) フランス屋 All rights reserved